結婚の挨拶をするときのマナー

結婚は二人で決めることではありますが、いざ結婚を決めたら色々な人たちに挨拶が必要です。
双方の親はもちろん会社の上司へも挨拶しなければなりません。
友人や同僚への報告はそのあとになります。
まず最低限のポイントとしていきなり行くのはやめましょう。
相手にも自分にも心の準備がありますし、いきなりたずねていくのは失礼です。
ですから、2週間先を目処に予定を立てることになります。
一般的にはまず女性の親に挨拶にいき、許しを得てから男性の側に行きます。
女性は男性の籍に入ることになるのですから当然といえば当然ですね。
そのあとで会社の上司などと今後の働き方の希望などを話し合うことになります。
このように単に挨拶と言っても奥深いものなのです。

新郎の挨拶は堂々と行いましょう
結婚披露宴での祝辞の挨拶マナー
両家への挨拶は大切です
結婚の挨拶をするときのマナー