新郎の挨拶は堂々と行いましょう

結婚式では、新郎は必ず挨拶を行います。
新郎として頼もしいスピーチにするために、ポイントをしっかりと押さえましょう。
まずは、列席してくれたゲストに感謝を述べます。
会場にいる人に対してメッセージを送ると、その後の話をしっかり聞いてくれます。
次に、新婦へのメッセージと二人の未来について語りましょう。
両親についても述べたいところですが、これは新婦の定番話題なので、重複する可能性が高いです。
また、だらだらと長い挨拶は厳禁で、長くても2分までです。
飽きられてしまいますし、長い内容を暗記しておかなければならないからです。
そして何よりも、大きな声で堂々とした態度で話すことが大切で、多少内容が薄くても好印象を与える事ができます。
せっかく良い内容でも、声が小さかったり、緊張して話すことを忘れてしまっては台無しです。
挨拶の練習を大きな声で行うのは恥ずかしいですが、車の中などで、しっかりやっておきましょう。

新郎の挨拶は堂々と行いましょう
結婚披露宴での祝辞の挨拶マナー
両家への挨拶は大切です
結婚の挨拶をするときのマナー