結婚披露宴での祝辞の挨拶マナー

結婚披露宴の中で、祝辞の挨拶があります。
これは、披露宴が始まって間もない段階で行われます。
この挨拶は、通例では新郎新婦の勤務先の上司であることが多いですが、親戚が代表して述べることもあります。
その挨拶には一定のマナーがあります。
マイナス用語は使ってはならないことです。
「別れ」などを連想させるニュアンスの言葉は厳禁とされています。
また、下ネタをまじえてスピーチするなどの行為もよくありません。
二人の門出を祝うための大事な挨拶なので、職場の上司であれば新郎の失敗談など、人格を損なうような発言もしてはいけません。
なお、このスピーチにかける時間は5分程度が目安とされています。
乾杯前の段階なので、長すぎるコメントは招待客、中でも子どもなどは飽き飽きしてしまうからです。

新郎の挨拶は堂々と行いましょう
結婚披露宴での祝辞の挨拶マナー
両家への挨拶は大切です
結婚の挨拶をするときのマナー